森保ジャパン A代表と五輪代表の兼任

headlines.yahoo.co.jp

 

ガラパゴス化…日本代表チームというよりは、日本サッカー協会がそうなってしまっている気が…。

 

森保ジャパンをとやかく言うのに広島を率いていた時代を引き合いに出す人が多い。

 

クラブチームは時間をかけてあるメンバーで育てていきながら…で、その所属しているメンバーで適しているサッカーを用意するか、すぐに結果を求めずに長年

求めるサッカーを追い求めていくか…。

 

でも代表は海外クラブ、Jリーグ、学生すべての選手でこれはと思う選手を

自分の目指すサッカーにあう選手を選べる。そのレベルに合う選手を探すこともできる。あの選手がいたら理想のサッカーに挑戦できるのに…とか思ってたかもしれない。

 

広島時代と比べるのではなく、今現在進行中で五輪代表監督をしてる。

五輪代表での仕事ぶりを重視して、A代表に適している人材なのか?

どうかをもうちょっと記事にしてほしい。

 

結局前回と同じ過ちを…何故か次期監督発表を早くしてしまう傾向にあるのが

近年の日本サッカー協会

まずはこれまでの4年間の総括が先。なのに、それをしたのかしてないのか

なんの説明もないまま、とりあえず新監督発表。

ロシアW杯は今までで一番不手際があった気が…。

ザックジャパンブラジルW杯予選敗退(0勝?)総括したのかしてないのか…

敗退の責任や原因がよくわからないまま、とりあえずアギーレ監督就任を発表し、

八百長疑惑で、今度はサッカースタイルの異なるハリル監督就任を発表。

協会の責任の所在がよくわからないというのが共通事項。

そして日本人選手と相性が悪く、コミュニケーション不足というイマイチ説得力のかける理由でW杯直前での解任。そして西野監督誕生。「経験」を蓄積という面では

物足りなさを感じるメンバー。この決断は、未来に影響を及ぼしそう。

経験不足を実力でカバーできるか?

結果的には10人相手に1勝し、GKの致命的ミスもあったけど何とか引き分けに持ち込んだ試合もあり、ポーランドが1対0でも良いという方針に付き合ってくれたという

幸運もあって、何とか決勝トーナメントに。しかし日本チームはベルギーが強かったというのもあるけど、何故か相手が本気で点を取りに来たら対応策がないという弱点を露呈。ブラジルでもドイツでもそれが原因で逆転負けをしている。

直前の監督解任に加えて結果だけを見たら結果オーライみたいな感じでもあるので

4年間の成果が出せました的な感じというと…。なので毎回うまくいくとは限らない

やり方で結果が残せてしまったというのが正しい?

 

日本代表がベスト8以上の結果を残すために

・方針としては、乾選手のようにテクニックがある選手をもう1人以上増やす。

(中島選手がいたら…と思ってしまった。疲れた時に乾選手を引っ込めたら相手にとって怖い選手がいなかった。スピードタイプの浅野選手でも良かった)

 

・相手が攻めに力をいれて来た時に対応策がないまま、逆転負けをしてしまう。

というのが続いている。

 

・メキシコのオチョア選手GKのようにスーパーセーブ連発とならないと

W杯は厳しそう。

 

・ベテラン枠を2人(チームをまとめる)、若手役を1~2人(次のW杯の為&大会中周りの高いレベルに釣られて大化けする可能性を秘めている選手だと尚良し)というような方針でメンバー編成?

 

・日本人はチームワークが一番の武器。それを引き出してくれる監督

上から押さえつけるタイプだと日本には合わない。

 

・世界を勉強した日本人監督または、日本文化を勉強した外国人監督(Jリーグで結果を出しているまたは世界の名将?)

 

・サッカー協会内の改革

責任の所在あやふやにしない。ちゃんと4年間の総括して、目指すサッカーを

周知する。説明が下手なら広報担当者を技術委員長またはその前後の役職で

採用するとか…。あまりにも違和感がある体制をなんとかする。