日本代表次期監督は?歴史は繰り返される?から学ぶ?どっち?

外国人監督か?日本人監督か?

どっち?というのがそもそも最初の議題なのはどうなんでしょう?

チーム強化、計画という視点から考えると、

ブラジルW杯終了から今回のロシアW杯までの準備期間の4年間

日本サッカー協会は強化を失敗したということが第一に来る。

しかも最後は開幕2か月前に監督交代というドタバタ劇のおまけ付き。

サッカー協会会長を筆頭に今回の4年間同じ監督、同じ強化方針でこれなかった

原因はなぜか?責任の所在を7、はっきりしなくていいのか?

前回のブラジルでの惨敗もサッカー協会の責任がうやむやのまま

新監督発表。さすが日本の組織。責任を取る人を1人決めろとか

そんなことではない。望んでいた結果が得られなかった。それは何故か?

そして次は望んていた結果を得るためにどんなプロセスを歩めばいいのか?

検証したのか?ロシアW杯がまだ終わってない。準決勝と決勝もこれから

控えているような時期に次期監督発表ではなく、その前に今回の内容と結果(選手、監督だけでなく協会を含めて)を受けて、「今後」を考えていくべきでは?

ブラジルの時も今回もそういうのを飛ばして、すぐに次期監督は誰か?と

なる。しかも名前が上がっているのがアメリカ代表監督で予選突破できなかった監督という噂が…。

アギーレ監督、ハリル監督と外国人に拘りすぎて失敗している。八百長疑惑で途中解任だったり、日本には合わなかったと協会が判断を最終的にはしている。2回も失敗しといて現体制でいき、しかも同じような感じで監督も決めようとしている雰囲気…。

今回は、今大会だけに焦点を当てると素晴らしい感動を呼ぶ大会だったけど。

今大会そういう大会になったのは、一部ベテラン(3大会出場)の経験が

あったことが大きいと思う。前回の失敗から教訓を得て4年後に技術的にも知識的にも

成長して挑めたというのが大きいと思う。それに前回控え選手だったような若い選手が中堅、ベテランに近い存在になっていた。それらの経験を思う存分発揮させてあげられるような形でうまくまとめた西野監督の存在もあった。しかしベテランばかりで、次の大会では一気に世代交代が進むと思う。そうなると今回のような経験の蓄積が一旦リセットされてしまう。次の監督が、いつぞやの秋田選手、中山選手、川口選手のように

ベテラン枠として2人ぐらい招集とかしないというような方針だったら、本大会で緊張して実力発揮できないというパターンになる可能性が高くなる???

なので今回の成功の裏でそういう犠牲も支払っている。去年の東アジア選手権で韓国に負けたときとかに監督交代してて3月の欧州遠征に西野ジャパンで行ってたらもしかしたら…そこで実際に西野監督が肌で欧州の強さを事前に感じる経験をできていたらベスト8も行けてたかもしれない。とにかく準備期間が短かった。結局10人のコロンビアにしか勝てていない。世間は敗れたものに同情してくれやすい。誰もが勝てるかも?と

思ったベルギー戦の後半20分ぐらいまで。世界の人たちもそう思ったと思う。

世界との差というよりは、明らかに急造チームの弱点が出てしまったような感じに思いました。もし万端の準備が出来てたら…どうなってたんだろう?という悔いが残りました。結果は同じだったもしくはそれ以下だったかもしれないけど…。

 

・過去の実績に頼るという計算しかできなかった。

・リスク回避で若手の大会中の成長より計算できる実績ある選手中心になってしまった。

・故障を抱えていている選手の回復を期待>実績が乏しい若い選手、となってしまった。

結果、後半劣勢になった時に「勝負をかけたい時」「流れを変えたい時」

「押されている時」「高さ対策」「スピード勝負」いずれかをしたい時に

きれるカード(選択肢)が非常に少なかった。

ポーランド戦で選択肢が増えるはずだった?)

ベルギーにスイッチが入った。本気になった時になすすべなく、

流れを一気に持って行かれ、気づいたら逆転されてた。

勝てると思い始めた時に1点取られ、やばいと思ったら、すぐに2点目。

日本の最大の課題を見つけた瞬間なのかもしれません。

ドイツの時も先制して勝てるかも?と思ったら、オーストラリアに残り一気に逆転された。

ブラジルの時は、ドロクバ選手が出てきて相手が攻勢へのスイッチを入れた途端に流れが変わった。

今回のベルギーもそう。相手がどのチームであれ、日本が先制して勝てるかもと

思った時は、裏を返せば相手が本気になって攻めて来る時、そうなった時に

日本が対応ができていないとうのが3大会もあり、それが原因で敗退してしまっている。次の監督にはこの辺を解決できる監督になってくれたら、日本サッカーの歴史が変わるかも?この課題が解決できないならベスト8の壁は見えてこないかも?予選よりトーナメント方式になったら相手は必ず負けてたら本気になって攻めて来る率が高くなる。それに対応する手段を持つことがこれからの課題か?

監督の采配でも選手層を厚くできるようなチーム強化を今度こそ4年、8年かけてするとか…。今回以上の感動を味わうためにも数ヵ月先の「親善試合」に照準を合わせて安易に監督を選ぶのではなく、今回の結果に至った要因を検証して、目指すべく次のW杯で今回以上の結果を残すためにこれからの日本代表に必要な道筋は何か?を考えた強化方針を考えて欲しい。

西野監督が最初の約束通り退任するなら、とりあえずコーチだった手倉森氏や

森保氏(五輪監督と兼任)に監督をしてもらうとか?もし親善試合でよさそうだったら

正式オファー?W杯も欧州主要リーグに合わせて考えられている期間だから日本もそろそろ?そうしないと、Jリーグで結果出している監督に日本代表を任せるという選択肢が難しくなってしまっているから結果的にとりあえず外国人ってなってしまいやすい。とりあえずはサッカー協会の組織編成や方針から変更が必要か?前の投稿でも少し触れましたが長崎の高田社長に協会会長になってもらったら一番期待できそう。

やっぱり日本のチームが活躍すると日本は盛り上がる。皆が幸せな気分になる。

次の大会では今回以上の幸せに浸れる時間を1試合でも長く増やしてほしい。

dot.asahi.com