読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稀勢の里の横綱誕生は、名大関の魁皇の件も影響しているのだろうか…。

2004年の魁皇

横綱昇進がかかった九州場所。当時の審判部長が「明日の朝青龍戦に勝てば小心の可能せ有」という旨の発言をし、魁皇の地元九州のファンがヒートアップ。

魁皇自身も恐らく意識して気合を入れて望んだであろう一番。

見事に朝青龍に勝った魁皇、全場所で優勝していて、横綱朝青龍に勝ち、わずか1勝差の準優勝。しかも横綱昇進がかかった一線で地元の九州という状況でプレッシャーがめちゃくちゃある状況で勝った。これほどまで「優勝」に近い準優勝が過去未来にあったのだろうか?しかも前日に審判部長が期待を持たせる発言をしている。

結局、明確な理由もないまま、昇進見送り…。

魁皇本人にとっても、魁皇の家族にとっても、魁皇の所属していた部屋にとっても、

魁皇のファンにとっても、相撲ファンじゃなくてもその時は久しぶりの日本人横綱誕生に期待していた人にとってもショックな結果だったと思います。

なんの責任感も感じられない軽はずみな発言が一人のプロフェッショナルな力士の人生、その周りの人達の人生を狂わしてしまった。

計5回も優勝していながら横綱になれなかった。でも腐ることなくその後も

現役生活を続け、今は自分が親方になり部屋を持っている。

横綱昇進を逃したからこそ、それを前向きなパワーに変えられたのかもしれません。

だからこそ名大関として多くの人の心に刻み込まれることになったのかもしれません。

浅香山親方の元から未来の横綱が現れてほしいです。

そういう魁皇の一件があってか、同じように2場所連続優勝してない

稀勢の里横綱になれたのでしょうか?

魁皇の「前例」があったからこそ、稀勢の里に繋がったのでは?

優勝より難しいかもしれない安定した強さも認められる時代になったんでしょう。

魁皇の功績は今に生きていると信じたいです。

kawaberi.net