読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢者ドライバー 車社会の問題

ニュースで高齢者ドライバーの事故が最近取り上げられるようになってきた。

アンケート結果を見ても70代以上の人のほうが交通事故回避できる

と運転技術に自信を持っているという結果になっているのが怖い。

未熟な技術よりもたしかに長年の熟練した技術の方がたしかに

すごいとは思うが、身体的な衰えはやっぱりごまかせない。

60代、70代ぐらいだとたしかに若いんだけど、

近所にも運転技術には自信があるけど、やっぱり夜間とか遠くまで

見えてないよっと笑いながら話す85歳のおじいちゃんもいたりする。

見えてないならやっぱりいざという時、やっぱり事故を回避するための

技術を使う前に壁やガードレールにぶつかってしまうかもしれない。

物にぶつかるぐらいならまだしも、人にぶつかってしまっては

取り返しがつかないことになる。

 

皆が1つずつ歳を重ねるわけで、急に老いたわけでもにないので

毎日年齢を意識するわけでもないし、気持ちは学生の時や働き盛りの時と

自身の気持ちとしては何ら変わりないってことが多いと思う。

若いときと同じように気持ちはあるのに身体的な衰えだけはしっかり

ある。これが問題になっていると思う。

 

天皇陛下は聡明な方なのだと思う。公務において以前と同じレベルを

保てないと判断し、自ら生前体位のお気持ちを持たれた。

会社でも60歳定年だと早いと言われていてたしかに60歳だと

「静かに老後生活」を送るには早い。

自動車運転免許証に年齢制限をつけるとしたら何歳が妥当か?

事故率が上がっているとかデーターを見て判断するのが良いと思う。

ちょっと早めに75歳以上とか?

でも田舎の人とか駅から遠い人とかは免許証だけ取られると困るから

75歳以上は医療費のように交通費1割負担とか市内は免除とかにして

バス、電車を安く利用できるようにしたらよいと思う。

1週間に1回のみ利用できるタクシー券とか…。

公共交通機関を安く便利に利用できるようにしてあげないと

車だけとりあげたら生活ができない。

バスも電車もない田舎の人はどうするか?

スクールバスとか病院行きのbスとか

ワゴン車のようなものを2つ以上の目的で利用できる

バスとタクシーのような間の役割を考えるとか…。

ここが一番難しい気がする。

www.koutsujikosos.com

とにかく、大草原で走っているならともかく、ある程度の都会で

車の数が多いところで走るとやっぱり事故はなくならない。

車の数が減ると環境にも良いし…。

何とか事故を減らす手段はないんだろうか?

自動運転の車の普及が先か?

自動運転のバスや電車の普及が先か?

社会のルール変更が先か?

何が最善なんだろう?と考えてしまう社会問題だと

思います。