読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外の国々の日本の評価に無頓着な日本政府…

10月2日だったと思う。某テレビ番組で興味深い内容だったので

少し見ました。

海外の人々が日本の変とかダメだと思うところがあるんだけど

それが間違っているなら本当は日本政府は抗議すべきなんだけど

何もしない。だから海外の人は、日本についてネガティブなイメージを

持ってしまう。日本に訪れたら想像していたことと違いよい国

だと思う人がいるらしい。

とか世間一般で常識だと思われていることが実は間違っていたとか…

興味深い話ばかりでした。

 

①AKBメンバーが丸坊主にした件

恋愛禁止なのにルールを破ったことがバレてしまい。

そのけじめとして丸坊主にしたことを知った海外の人は

女性を軽視しているのが日本の悪いところだと思ったららしい。

まあこれは女性を軽視しているというより、男子でもけじめを

つけたい時や気合を入れたい時に身を清める的な意味で坊主にする

という習慣があるから、それを女性がすると更に効果が高まる。

女性がそこまでするならよっぽど反省しているのだと伝わる。

だからこれは軽視ではなく文化の違い。

 

②途中までしか見れてなかったので、詳細がわかりませんが、

他国で間違った歴史を教えている件

それが真実でなくて日本に不利なら講義を続けなくてはいけない

とかなんとか…。

常に歴史は勝者が作るから、世界で常識だと思っていることや

他国が強く主張していたり、謝罪を求め続けていたりしても

それは外交手段として利用されていることもあり、真実の歴史とは

違う場合もある。真実は1つなのに2、3の国で微妙に内容が

違うとかありえない話。

というような内容がありました。

 

③新手の当たり屋

コンビニとかで買い物をしてから発車する際は要注意。

自転車または徒歩?で、待ってましたとばかりにわざとぶつかってきて

衝突事故を起こす詐欺師がいる。

法律を悪い意味でよく勉強していることがわかる。

そのときは、いいよ、大丈夫。と言いつつその場を去る。

すぐに当て逃げ(ひき逃げ)犯として警察から連絡が来る。

罰金100万?とか支払うことになるが、

訴えるのを取り下げるので示談金として50万円でよいと言われる。

100万が50万になるならありがたいと思い支払ってしまう。

小さな事故でもすぐに警察に電話してください。

もし詐欺師ならその時点で逃げてしまうそう。

 

④新手の当たり屋2

知り合って間もない友人と飲み会へ

そこで車だけど1杯ぐらいいいじゃないかと勧められる。

そこは断固として飲酒運転を拒否しなければいけません。

拒否しないとそのあとにグルになっている別の人が

待機しています。

当たり屋となって待ち構えています。

飲酒運転しているという後ろめたさもあり

示談金50万円を要求されます。

飲み会に行った友人と25万円ずつ支払うことになります。

実はその友人も犯人(当たり屋)の仲間なので

あとで25万円を山分けするようです。

25万円だけで飲酒運転がばれなかったと

詐欺に遭っているのに喜ぶことになるかもしれません。

とにかく飲酒運転は辞めましょう。

 

真田幸村実は家康の首をとっていた説

大阪夏の陣で家康を追い詰めるも、結局は敗れて

死んでしまうというのが今のところ通説。

実は家康の首を取っていて豊臣秀頼等と共に

薩摩藩に逃げ延びていたということらしい。

それを裏付ける数々の言い伝えや物的証拠っぽいやつを

並べると、やっぱり家康を討ち取っていた説が

本当のように思えてきました。

・真田家の末裔の間で語り継がれているということ。

・大阪の寺には家康が乗っていたとされる籠に槍で開けた穴がある。

・鹿児島に真田の間に江を入れて、真江田(まえだ)として

生きていたという話がある。

実際に真江田家の墓がある。その墓石にはなんと六文銭がある。

真田の家紋です。

・これが本当なら最後の最後まで徳川は真田に勝てなかったということになる。

・また将軍は秀忠になっていて、家康が打ち取られたことを認めなければ

まだまだ兵力で勝る(兵の質では劣っていた)徳川軍、追い込まれていた

豊臣軍にすると全滅しなければよいとなり、秀頼様だけでもって

なったかもしれない。

鹿児島中の寺院を調べまくったら実は幕末に倒幕した薩摩藩士の中に

秀頼または幸村の子孫がいたということがわかったりして…。

そうなると豊臣with真田対徳川で最後に勝ったのは豊臣with真田家になる。

九度山への流罪、上田城に2度も攻めめられ、徳川に虐げられ、大阪夏の陣、冬の陣

でも、攻めに攻められながらも数百年後に秀頼または真田家の子孫が倒幕に関わっていたとか歴史ミステリーがあったら盛り上がること間違いなし。

とか色々思うと

秀吉もそもそも最初から黒田官兵衛と真田家をもっと活かせてたら

歴史はかわっていたのだろうか…。

加藤清正が毒殺?病気?で死んでなく大坂の夏の陣まで生きてたら?

どうなってたんだろう?

とか色々と思ってしまう。

真実を知りたいければやっぱり自分で調べないといけないと

思いました。