新都知事誕生!都民の真意は?

今回の選挙は、党内のいざこざで醜い権力争いとか内輪揉めとかを

見せられた形になってしまった。

誰が良いとかなかったけど、消去法で言うと小池氏が

一番良かったので、組織票よりも権力争いや内輪揉めに嫌気が

さした都民が組織に反発していた小池氏が実際より良く見えてしまう

流れだった。

それにはっきり物を言う姿が他の候補者より格好良く見えたし。

結果的には小池氏が当選して良かったと思える。

何が一番良かったかという知事より権限が強かった

自民党東京都連 内田氏システムが潰れたこと。

選挙大敗の責任を自民党幹部が取った事なのでは?

知事の政策の許可を何故その下で支えるべき人の許可がいるの?

か意味不明です。

本来なら知事を支え、間違った政策をするならちゃんと議論して

止めるとか改善するとかするべき組織や担当のはずが

権力を持ってしまうとややこしくなる。

良くなるものもよくならなくなり一個人の利益になる

ような政策しか通らなくなる。

人事もそういう方向になるだろうし。

組織ってのは何故かシンプルにならず、ややこしくなる。

何百年後にはそういうややこしさがなくなってりゃいいけど…。

何のための東京都なのか知事なのか東京都連なのか…を

毎回思い出してほしい。

東京都が良くなれば必然的に?地方も良くなっていくと

思う。ということは日本全体が良くなっていく。

日本が良くなればアジアや世界も…って

良い連鎖につながっていけば一番良いと思う。

オリンピックもあるし、頑張れ東京!頑張れ日本!と

応援したくなる町になりますように。。。。。