海外と日本、エネルギー

知り合いが今中国で住んでるんだけど、

 

中国も今、冬。

 

知り合いが住んでるマンションの暖房はどうしてるか?

 

特に何もしなくても、マンション全体を

 

石炭を燃やして温めてるそうです。

 

なので部屋の中は、Tシャツ1枚でも大丈夫なぐらい暖かい

 

らしい。

 

不在時もずっとマンション全体を温めてるから帰ってすぐ

 

暖かい部屋に入れるから寒がりの人は良いかもしれない。

 

でも無駄なエネルギー消費してしまう。

 

不在時でも別に暖房が必要と感じてない人の部屋まで暖めてる

 

わけだから、石炭からCO2出まくるわけだから

 

そら大気汚染が加速するわけだ。

 

省エネという文化が定着してないんだろう。

 

フィンランド?だった気がするけど、日本の技術(三菱?)か何かで

 

日本と同じく火山いっぱいあるから温泉の湯を利用して

 

お湯を使い、部屋も温めるという自然の力を利用して安くて

 

地球に優しい効率性の高いエネルギー利用をしている国もある中

 

なんとも贅沢というより、無駄な消費をしてしまってる国もある。

 

人口多いからそんだけ多くのマンションとかもあるだろうから

 

相当なエネルギー消費してるんだと思う。

 

人口多いから良い方向に向かえば、労働力もかなりのものになるだろうから

 

そうとうなパワーを持ってるはずなんだけどな…。

 

昔、留学時代に中国人のルームメイトがいたりしたんだけど

 

同じアジアでも中国は海外って感じが強くした。なので

 

韓国、台湾、香港よりも文化の違いを多く発見できて面白かった記憶がある。

 

何とか良い方向に持っていけたらな…。

 

中国国内で環境保全に意識が起こればいいんだけど…。