読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸は身を助ける?(カルチャーショック)

特別な技能を持った人より、普通の人たちの方が大多数だと思う。

 

若いうちにそれに気づくということは難しい。

 

子供は可愛いいから、社会に出るまでは子どもがしたいようにさせる。

 

(経済的な理由などで子どもがしたいことをさせてあげるのが

 困難な場合もあるかもしれませんが)

 

普通科、専門的な資格がとれない一般科目や大人数を受け入れる学科等の

 

勉強をしてとりあえず高校卒ぐらい、どこでもいいから大卒という

 

学歴を…と考えてしまう人は多いと思う。

 

とりあえずの学歴を手に入れたところで、未来が明るい社会人には

 

なれません。

 

人間、自分より能力のある人に対しては引け目を感じたり、遠慮して

 

しまいがちです。

 

パソコンの知識、語学力、医療や薬、法律の専門知識など色々と

 

あるだろうけど、専門知識や資格がないまま就職すると

 

すべての業務において、その業界の知識について経験も知識も

 

先輩の方が上で当たり前です。

 

真面目で不器用で専門知識や資格がない場合どうなるか?

 

イジメとまではいかなくても馬鹿にされたり、無意味に偉そうに

 

されたりする場合があります。どんな会社にでも1人ぐらい

 

そういう嫌な先輩や同僚、上司がいます。

 

稀にそんな人たちがいないってところがあるかもしれない。

 

そういう会社に勤めらてる人がいるなら、ラッキーだと思います。

 

何よりほかの人より何かに自信があるということは、それだけで

 

魅力的だし、自信があるので何を言われても大丈夫だと思えます。

 

そんなん言うけど、○○○のことなら私のほうが上ですと心の中では

 

反対に相手を馬鹿にできます。

 

昔、ある職場に就職した時に、職場の雰囲気がその「イジメ?」みたいな

 

雰囲気が当たり前みたいにあったところがありました。入社して2日目には

 

退職する決心をしました。試用期間だったのでそれが過ぎて社員になれても

 

ならずに短期バイト感覚で次の就職先を見つけようと思いました。

 

雰囲気が私には合わず居心地が悪かったからです。

 

凡ミスが多い先輩や新人はいつも先輩に怒られたり、馬鹿にされてました。

 

新人なんかは仕事ができなくて当たり前なんだから、新人が仕事ができない

 

育たないのは、馬鹿にしている先輩の能力も関係あるんじゃないの?

 

心の中では思ってました。入社直後でしかもすでに退職の決意をしている

 

自分がどうこう思ったり言ったりするのもおかしい話ですが…。

 

盆ミスが多い先輩は、蹴飛ばされたりしてました。来客があったら

 

お客様に見られるだろうな?って思うようなところでです。

 

良い歳した大人がまさか仕事中に凡ミスして蹴飛ばされる

 

職場があるとは信じられませんでした。何て陰険な会社なんだ…。

 

それを黙認してる人たちも何なんだろう…。

 

上記のような場面を入社して間もないのに何回も見たので

こういう環境で長年働くのは無理だと思いました。

ある日その後輩や盆ミスの多い同僚を馬鹿にする先輩が

(英語を使う機会が多い業務なので)

「君は英語ができるから、いじめられることはないと思うよ」

というような発言をしてきました。

私には脅迫のように思えました。

英語ができるから当面いじめたりバカにしないけど

ほかの業務がいつまで経っても覚えられないようなら

数ヵ月後?1年後?蹴飛ばされる側の社員になるんだよ。

と言われてる気がして、怖いというより嫌な気持ちしかしませんでした。

 

ちなみにいつも蹴飛ばされている方の先輩が一番

喋りやすかったので、多分、人間的には一番親しみやすい

人だったんだと思う。教え方も上手だったし。

ただ、注意力が少し散漫なのか?気が弱いから

馬鹿にされやすいのか…。

入って数日の私には判断できませんでした。

ただ社内の空気が悪くて、普通に会話をする空気が

どこにもなかったので息が詰まりました。

こんな職場探しても中々見つからないだろうな

ある意味貴重な経験ができたのかもしれない。

 

そのイジメる側の先輩社員が英語ができなかったので

入って間もない私に頼らざるを得ない状況が

ちょくちょくありました。

(入社間もないから他の業務ができないのは当たり前なんだけど)

「英語だけしかできないんだから頼むよ」とか

「英語力だけは認める」(これは褒めてる?)

とか一言言いながら悔しそうに業務の指示をしてきました。

普通にものを頼むことができないんだろうか?

あ~、そうか英語ができないことがコンプレックスなのか?

と思いながら指示を聞いてました。

ちなみに英語ができないその先輩からしたら

すごい英語力だったのかもしれないけど、

世間にでたら英語が得意ですって胸を張って言える

レベルではないんだけど、多少その先輩よりデキる事が

あって助かりました。完全に馬鹿にしきれないので

蹴飛ばされることはありませんでした。

まあその先輩だけでなく、蹴飛ばされてる人を見るのも

嫌だったし、それを黙認している上司や他の同僚も

何なんだろう?って思ってました。

運良く1ヶ月ぐらいで次の転職先を見つけられました。

試用期間が終わる前に辞めますと言ったので

所属長であった課長はびっくりしてました。

課長には皆気を使ってるから、上記のような嫌な空気が

伝わってないのかな…。

まあなんにしても辞めて正解でした。

まあどんな会社にでも嫌なことの1つや2つあるけど

今のところ、こういう感じの嫌さはここだけです。

 

まあ結局私が辞める前後に聞いた話では

その蹴飛ばしてた先輩は人事異動で

支店に移動になるとかなんとか…。

まあ人を蹴ったりする先輩はその人だけだったけど

職場の雰囲気がその人がいなくなるだけで良くなるとは

思えなかったから退職の決意は変わらなかったけど…。

 

何か1つの事がプロレベルとまではいかなくても

自分のクラスや職場で人より少し秀でている事があったり

自信を持っていることがあると馬鹿にされたり、いじめられたり

する可能性が減ります。

人間弱いもので自分より能力がある人には引け目を感じてしまい

中々馬鹿にしたりいじめたりしにくいようです。

子供の頃は体が大きかったり、体力があったりする子が

体力ない子や気の弱い子をいじめたりするかもしれないけど

何か1つ自信を持たせることによってそれだけでいじめられにくくなるし

何より自信持っていることがあると態度にも自信が自然に出てしまう

のかもしれない…。