読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外、日本、昔と今…日本の常識~医療編~

今まで当たり前だと思っていたことが

実は世界では非常識だったりすることがある。

これは日本の医療関係者が見てくれてチェンジして欲しいことでもあります。

 

欧米の人たちで銀歯をしてる人を見たことがありません。

金歯はもってのほかです。

 

歯並びや歯の綺麗さは生活レベルを表してると言っても過言ではない

と思います。まあ金持ちでも歯が汚い人はいるかもしれません。

金歯や銀歯でキラッってなってるかもしれません。

 

ただ歯並びの綺麗さ、歯の白さは社会的地位が上に

行けば行くほど大切になってくると思います。

虫歯になっても銀歯にするという治療というのは日本だけなんでしょうか?

最近では小さい虫歯なら保険内で白い詰め物ができます。

大きい虫歯なら少しお高めの治療費を払えばできます。

 

白でも銀でもどっちでもいい。安い方がいいと思うかも

しれませんが、

脳や体に異常があった場合、MR検査をしなければならない

状態が将来あるかもしれません。金属があると

うまくできません。

頭などの場合、銀歯があればあるほどMR検査しても

撮れません。

銀歯治療は、命にも関わる時があるということです。

これから銀歯治療を辞めて、金属以外の白い詰め物を

代わりにする方針に完全に切り替えてほしい。

銀歯も永遠なものではないので数年後数十年後に

詰替えなければなりません。

そのときは白い詰め物にできる生活レベルを

保っておくか、その頃には日本人の生命を守るべく

保険治療ができるようにルールを変えておくか

してほしい。

インターナショナルにますますなるから

歯の治療も世界基準にしてほしい。

世界と日本を考えるのに、歯の治療やMR検査のことまで

中々話をしないかもしれないけど、

歯がきれいだど海外の人に褒められます。