海外留学 思い込み 英語力アップの落とし穴?

海外へ行く前に思い描きがちだけど、実際は違うこと

 

①海外に行ったら英語がペラペラになる。

結論から言うと飛行機に乗ったら簡単に海外へ行けますが、

行っただけでは、英語は簡単にしゃべれるようになりません。

ある程度の実力をつけたいなら地道な努力が必要になります。

学校や独学で学んではホームステイ先や現地の友人や店やレストランで

使うを繰り返さないといけません。

テキストブックだけでは覚えては忘れてを繰り返すだけ。

テキストブックだけの勉強なら日本でできます。

海外に行くメリットの一つは勉強したらすぐに誰かに

試せることです。覚えた単語やフレーズを積極的に使っていくと

段々覚えていきます。それの繰り返しです。

一朝一夕でペラペラにはなりません。

自国の友人と母国語で喋ってばかりだと1年経ってもレストランで

まともに注文すらできない人もいます。

ストイックにならないといけません。

留学当初や留学前には日本語を喋らない。

英語を頑張ると心に決めて臨む人が多いと思います。

でも留学して見たら、やっぱり自国の人同士で固まってしまう

パターンがほとんどです。

それどころか、日本語喋らないとなると、

変な人呼ばわりされます場合があります。

私の場合、よっぽど気があえば日本人の友人も適度に受け入れてました。

何が何でも日本人の友人を作ることが100%ダメだとは思いません。

理想は共に留学生活を充実させ共に学んでいく上で協力して

行けるような日本人の友人が作れたらベストです。

ダラダラ遊ぶだけだとその時は楽しいけど

海外留学している意味がなくなります。

文化も言葉も違う人達と友達になるのは、最初は難しいです。

日本人と喋りたいって気持ちになります。

海外の人たち優先というか、私はただ文化や考え方が違う人たちと

話したり色々な知らなかったことを聞いてる時が一番楽しかったので

日本人の人に喋りかけられても、きっと素っ気ない態度をしてたの

だと思います。

ある時、ある女性から「私のこと嫌いなの?」って言われたことあります。

嫌いではありませんでした。

その時は、日本人と過ごすということが頭からほとんどなかったので

そんなに深くは受け止められなかったと思います。

でも今思うと、日本で出会ったら良い友達になれたかも?

というかこっちから友達になってほしいような思える素敵な人だったと思います。

なので今頃ちょっと後悔(笑)

 

良かったのか悪かったのか…

その時の優先順位は海外でしかできないことをする。でしたから、

図書館とかで勉強して、それで覚えたフレーズなどを使いながら

異国の人と過ごして英語力をアップさせて世界の色々なことを

知るということが何よりも楽しいことだったというだけです。

まあおかげで東日本大震災があった直後は、ニュースが流れるたびに外国から

「大丈夫か?」「無事か?」とメールや電話を海外から頂くようになりました。

東日本大震災以前は日本人ってどこか災害は他人事って感じがあった

(今は敏感になってきてる)けど海外の人はやっぱり色々なことに

危機感があるのかもしれない。異国の地の災害等に関しても敏感です。

ニュースで見ると大きな被害だから、日本落ち着くまでカナダにおいでとか

韓国においでとか言ってくれる人がいました。そういうことを言ってくれる

友達が海外に作れたということは、留学してた甲斐があったのかな?

と思いました。

しかし初めは、英語で満足に会話もできない相手と現地の人も

中々友達になってくれません。日本でもカタコトの日本語で海外の人に

話しかけられると「?」となって対応に困る時があると思います。

なのでしばらくホームシックというか孤独感があります。めっちゃあります。

そこは我慢です。我慢の先に素晴らしい留学生活が待っています。

私の経験上ですが、日本語を話すと楽です。楽しいです。

でもそれなら日本でできます。海外に来る必要はありません。

ただの旅行になります。

日本人とつるまず海外の人と過ごすことを優先していくと

自然と海外の友人が出来始めます。

初めは英語力に合わせて同じ異国から来た留学生の友人を作って

英語力が上がったら現地の英語のネイティブスピーカーと友達が

できました。

留学生活を充実させたいなら海外の友人を作るべきです。

その国のその町で生まれた現地の友人ができたり

ホストファミリーが良い人だったら充実度は

さらにあがります。

日本人同士で仲良くワイワイでも楽しいです。

でもそうなると留学ではなく観光になってしまう。

海外に行くだけで楽に英語が身につくわけではありません。

ちなみに海外留学はかならずしも就職に有利とは限りません。

就職の為だけなら、日本で資格(テスト)用の勉強に専念

したほうが良いです。英語力を上げて就職に有利にしたいから

留学と思ってるだけなら海外留学はおすすめできません。

日本の社会では就職を有利になるかな?と疑問符を留学後に

持ちました。

それを踏まえて留学することのメリットとは何か?

もちろん第一に英語力があがります。

そして英語は日本語を話す時とは違う脳の部分を使うらしく

一定の期間以上英語の世界に浸ると脳が活性化されるというか

脳の使う部分が広くなるというか…賢くなった気分になるというか…

多分脳が刺激されているというのが適切な表現だと思います。

日本語とは違う文法の外国語を勉強した人にはこの気持ちが

わかると思います。

日本の社会は島国でガラパゴス化してるので、英語力だけアップさせても

翻訳家、通訳等の専門的な仕事に就かない限りは

ほとんどメリットになりません。

おそらく留学することの最大のメリットは広い世界を知れることです。

日本にはない文化や思想、人々の考え方、食べ物を知ることは

人生において大変意味があります。

ただでさえ大陸から離れてるので世界の常識に疎いのが日本人だと思います。

世界と日本の違いを知ったとき、大変楽しいです。面白いです。

人生において深みが増すと思います。

考え方も広がります。

世界が広がるとモノの考え方が広がって当然といえば当然です。

ただ日本の社会ではそんなにそういうことは重視されません。

就職の際は資格や学歴がモノをいいます。

人物像は二の次です。

ただただ知識を詰め込むだけではなくて

「沢山の知識」だけでなく「沢山の特別な経験」

この2つが合わさった人が日本にもっと増えて

しかも政治家とか経済のトップに君臨するようになってくれたら

いいなぁ~と思います。

 

 長くなってきたのでとりあえず今回はこの辺で。