カルチャーショック④

新卒の時にうまく正社員として就職できなかった人たちや就職はできたけど、どうしてもその会社が合わなくてすぐに辞めた人たち、これはしばらく大変な時期を過ごすことになります。

私のように中途半端な留学すると、どんな仕事でも良いと小さい会社に応募するとそんな立派な人はいりませんと言われ、大きな会社に行くと君ぐらいの英語力の人たちなんていっぱいいる。なので一流大学卒だとかパソコンとか特殊技能がないなら書類審査で落ちるか面接で嫌味か?と突っ込みたくなるようなこと言われたり、海外の話がおもしろいからか沢山喋らせられるだけ喋らされたけど不採用ってみたいなパターンが多かったです。

話を戻すとすぐに正社員として就職できなかったらどうするか?とりあえずバイト、契約社員派遣社員などでもいいからとりあえず当面の生活費のため、社会経験のためにと働き出します。契約社員やバイト、派遣社員としての経験は就職に有利になるとは限りません。海外の会社の経営者だったり私が社長だったら特殊な経験(留学とか異国の地で数年勉強してきたとか)してきた人は、色々な価値観に触れて日本ではできない経験をして頭を刺激されているはずだから人間として成長しているはずなのでそういう人間を採用しますが、日本の社会は、何故か新卒というか年齢を重要視し過ぎます。

なぜ正社員としての経験がないのか?即戦力じゃないとうちはいらないんだよね…とか

履歴書送った時点でわかってたはずなのに、面接でわざわざそこ突っ込むの?

英語だけ出来てもね…とか英語できない奴が言うな!

就職が初めてなんだから即戦力って経験者を求めるな!初めから求人情報に書いとけ!とか色々言いたくなるのを我慢してました。

とりあえず正社員になれなくても契約社員派遣社員で働いても正社員になれる

未来が約束されるわけでもありません。

定年間際の人たちが正社員で働き、定年後は今の若者がもらえないであろう額の

年金生活が待っている裏で、今の若者は1年1年、年齢を重ねるけど正規雇用されない

されないまま長年非正社員として働き続けたり、最低賃金ってパターンがあります。生活保護の方がマシだって人たちも多いのでは?

若者や子供が輝ける社会でないと景気が良くならないのでは?と思います。

私も帰国後は、契約社員派遣社員、バイトなどとして1年?2年?過ごしました。

運良くダメもとで気になる企業の求人を見つけては、応募してたら人事担当者に

気にいってもらえるところがあったみたいで正社員として働けることになりました。

日本の会社は学歴や正社員としての経験を重要視し過ぎるので、学歴が一流じゃなかったら理想は新卒のまま正社員として就職しといたほうが良さそうです。

いつ正社員として就職できるかわからないときは、可能性は無限大?希望も

多少あるけど不安の方が大きいです。

この年齢、学歴重要視ルールはそろそろ辞めにしない???