日本代表次期監督は?歴史は繰り返される?から学ぶ?どっち?

外国人監督か?日本人監督か?

どっち?というのがそもそも最初の議題なのはどうなんでしょう?

チーム強化、計画という視点から考えると、

ブラジルW杯終了から今回のロシアW杯までの準備期間の4年間

日本サッカー協会は強化を失敗したということが第一に来る。

しかも最後は開幕2か月前に監督交代というドタバタ劇のおまけ付き。

サッカー協会会長を筆頭に今回の4年間同じ監督、同じ強化方針でこれなかった

原因はなぜか?責任の所在を7、はっきりしなくていいのか?

前回のブラジルでの惨敗もサッカー協会の責任がうやむやのまま

新監督発表。さすが日本の組織。責任を取る人を1人決めろとか

そんなことではない。望んでいた結果が得られなかった。それは何故か?

そして次は望んていた結果を得るためにどんなプロセスを歩めばいいのか?

検証したのか?ロシアW杯がまだ終わってない。準決勝と決勝もこれから

控えているような時期に次期監督発表ではなく、その前に今回の内容と結果(選手、監督だけでなく協会を含めて)を受けて、「今後」を考えていくべきでは?

ブラジルの時も今回もそういうのを飛ばして、すぐに次期監督は誰か?と

なる。しかも名前が上がっているのがアメリカ代表監督で予選突破できなかった監督という噂が…。

アギーレ監督、ハリル監督と外国人に拘りすぎて失敗している。八百長疑惑で途中解任だったり、日本には合わなかったと協会が判断を最終的にはしている。2回も失敗しといて現体制でいき、しかも同じような感じで監督も決めようとしている雰囲気…。

今回は、今大会だけに焦点を当てると素晴らしい感動を呼ぶ大会だったけど。

今大会そういう大会になったのは、一部ベテラン(3大会出場)の経験が

あったことが大きいと思う。前回の失敗から教訓を得て4年後に技術的にも知識的にも

成長して挑めたというのが大きいと思う。それに前回控え選手だったような若い選手が中堅、ベテランに近い存在になっていた。それらの経験を思う存分発揮させてあげられるような形でうまくまとめた西野監督の存在もあった。しかしベテランばかりで、次の大会では一気に世代交代が進むと思う。そうなると今回のような経験の蓄積が一旦リセットされてしまう。次の監督が、いつぞやの秋田選手、中山選手、川口選手のように

ベテラン枠として2人ぐらい招集とかしないというような方針だったら、本大会で緊張して実力発揮できないというパターンになる可能性が高くなる???

なので今回の成功の裏でそういう犠牲も支払っている。去年の東アジア選手権で韓国に負けたときとかに監督交代してて3月の欧州遠征に西野ジャパンで行ってたらもしかしたら…そこで実際に西野監督が肌で欧州の強さを事前に感じる経験をできていたらベスト8も行けてたかもしれない。とにかく準備期間が短かった。結局10人のコロンビアにしか勝てていない。世間は敗れたものに同情してくれやすい。誰もが勝てるかも?と

思ったベルギー戦の後半20分ぐらいまで。世界の人たちもそう思ったと思う。

世界との差というよりは、明らかに急造チームの弱点が出てしまったような感じに思いました。もし万端の準備が出来てたら…どうなってたんだろう?という悔いが残りました。結果は同じだったもしくはそれ以下だったかもしれないけど…。

 

・過去の実績に頼るという計算しかできなかった。

・リスク回避で若手の大会中の成長より計算できる実績ある選手中心になってしまった。

・故障を抱えていている選手の回復を期待>実績が乏しい若い選手、となってしまった。

結果、後半劣勢になった時に「勝負をかけたい時」「流れを変えたい時」

「押されている時」「高さ対策」「スピード勝負」いずれかをしたい時に

きれるカード(選択肢)が非常に少なかった。

ポーランド戦で選択肢が増えるはずだった?)

ベルギーにスイッチが入った。本気になった時になすすべなく、

流れを一気に持って行かれ、気づいたら逆転されてた。

勝てると思い始めた時に1点取られ、やばいと思ったら、すぐに2点目。

日本の最大の課題を見つけた瞬間なのかもしれません。

ドイツの時も先制して勝てるかも?と思ったら、オーストラリアに残り一気に逆転された。

ブラジルの時は、ドロクバ選手が出てきて相手が攻勢へのスイッチを入れた途端に流れが変わった。

今回のベルギーもそう。相手がどのチームであれ、日本が先制して勝てるかもと

思った時は、裏を返せば相手が本気になって攻めて来る時、そうなった時に

日本が対応ができていないとうのが3大会もあり、それが原因で敗退してしまっている。次の監督にはこの辺を解決できる監督になってくれたら、日本サッカーの歴史が変わるかも?この課題が解決できないならベスト8の壁は見えてこないかも?予選よりトーナメント方式になったら相手は必ず負けてたら本気になって攻めて来る率が高くなる。それに対応する手段を持つことがこれからの課題か?

監督の采配でも選手層を厚くできるようなチーム強化を今度こそ4年、8年かけてするとか…。今回以上の感動を味わうためにも数ヵ月先の「親善試合」に照準を合わせて安易に監督を選ぶのではなく、今回の結果に至った要因を検証して、目指すべく次のW杯で今回以上の結果を残すためにこれからの日本代表に必要な道筋は何か?を考えた強化方針を考えて欲しい。

西野監督が最初の約束通り退任するなら、とりあえずコーチだった手倉森氏や

森保氏(五輪監督と兼任)に監督をしてもらうとか?もし親善試合でよさそうだったら

正式オファー?W杯も欧州主要リーグに合わせて考えられている期間だから日本もそろそろ?そうしないと、Jリーグで結果出している監督に日本代表を任せるという選択肢が難しくなってしまっているから結果的にとりあえず外国人ってなってしまいやすい。とりあえずはサッカー協会の組織編成や方針から変更が必要か?前の投稿でも少し触れましたが長崎の高田社長に協会会長になってもらったら一番期待できそう。

やっぱり日本のチームが活躍すると日本は盛り上がる。皆が幸せな気分になる。

次の大会では今回以上の幸せに浸れる時間を1試合でも長く増やしてほしい。

dot.asahi.com

今回の大雨について~河川氾濫対策へ本気で考えなくてはいけない時代か?

日吉ダム管理所を視察:おっとどっこい元気です!:So-netブロ

すでに多くの河川で氾濫危険水位MAXの一歩手前まで来て今後の雨量次第でいつ氾濫してもおかしくないレベルにまで達している。

という状況でのダム放流開始。危険な時に放流?というニュースが入ってきて思ったこと。3日ほどこれだけの雨が降り続けるということが本当に想定外のことだったのか?大きなダムには気象予報士?もしくはそれに準ずるレベルの人を雇うとか、密に連絡取るとか何かしらしたほうが良いのでは?

ここ最近の天候に対して危機感が少し低いような気がする。

 

ダム事前放流への注目を今まで以上に注目していなかくてはいけないのでは?

すごい雨量を伴う大型台風、台風の影響で気圧の変化等今後は増えていくと思う。

温暖化が進めばその規模もどんどん大きくなると思われる。

 

豪雨で河川が氾濫する危険性を軽減するため、ダムの事前放流をしているダムも

すでにある。まだまだその意識が低いダムもある。

今回みたいなものすごい豪雨が3日間ほど続くとかということが予想られる際に

ダムの水位を予め下げ、超水可能な容量を多く確保する。

気象観測の体制、下流域の住民や自治体の理解等を深めていく必要もある。

今まで通りで対応できるような時代ではなくなってきている。

誰も経験したことがないような超大型台風、大型台風が続けて2回来る、気圧の変化で豪雨が2日以上連続で続く。といったことが今回だけと予想するよりは、今後はますます増えると予想する方が可能性が高いと思われる。

市民の命を守るのが大切なのか?組織の中の自分たちの命を守るのが重要なのか?

というと極端なことを考えてしまいがち…。豪雨が予想される。大型台風が来る。

毎回、最低水位まで下げる必要はないと思う。最低水位のいくつか手前までとか

いつもより少し多めに放流とか…。そのあとは雨がない乾季が予想されるとか…その時にわかりうる情報と照らし合わせて、の時その場で専門知識を要する人が判断していくしかない。その積み重ねでより正確な判断ができるようになる。いずれにしても限界が来てから放流だと多くの住民が危険に一気にさらされる状況が増してしまう。 

1人でも多くの人、家等を水害から守るために「ダムの事前放流」のシステム構築について考える必要性が高まってきているのでは?

日本のロシアW杯終了

2か月前に監督交代してドタバタで準備期間としては不十分なままW杯を迎えてしまった。この辺が一番の今後の課題か?日本人の良いところと悪いところが凝縮した2か月半?だったのかもしれない。

①日本の巨大組織にありがちな…年功序列が原因なのか?責任の所在がはっきりしない。方針もはっきりしない。トルシエジャパン時代のように五輪、W杯と長期的視野で考えてこなかったつけで、ドイツ、南アフリカ、ブラジルと監督も目指すサッカーも統一性がなかった。で今回のロシアW杯、監督を考えるときにまずは躓いた。アギーレ監督。面白いサッカーをしていきそうな気配はあったけど八百長疑惑で更迭。ついでハリル。アギーレジャパンとはまったく違うサッカーを目指した。日本人が課題としてきたことを重視した。ただ方向性は正しかった。選手を見る目もあった。世界レベルも知っていた。ということがロシア大会で活躍した選手、外れた選手を見て思った。

ただ上から目線で指示する高圧的な態度は日本人には合わなかった?真面目で律正しいから、命令されると忠実に守ろうとするあまり息苦しくなってしまう。

それでも人それぞれなので、原口選手みたいに縦に速いサッカーが身についてたみたいな感じでゴールを決めたり…影響は大きかったのかも?

ドタバタした時に限って日本人はこういう時こそ皆で頑張ろうという気持ちになり、まとまる。大きな地震とかあった時もそうだと思う。でも備えあれば憂いなし。で次回は着実に4年間じっくり準備してその成果を発揮するプランを立てて欲しい。もし4年間西野体制だったら…どうなってたんだろう?とか思わなくても良いように…。結果的にはハリルサッカー+西野監督の選手たちをまとめる手腕が相乗効果をもたらしたのかも?

ただ今回みたいな博打を毎回すると若手、中堅、ベテランとバランス良い組み合わせで

挑めず、誰がしてもベテラン頼みというメンバー選考に偏ってしまうかも?

アジア勢で異国の地で実力でベスト8の壁に挑んだという経験はおそらく日本が初なのでは?これは何事にも代え難い経験を手に入れたと思う。他のアジア勢より一歩前に

進んだ。後退しないためにはこれからが大切だと思う。

前半からベルギーに押されていた試合展開だったものの、ラインを高くあげて

何とかゴールを守り、このままでいけば、このままでいけば、チャンスはくると

思わせる展開。まさか後半立て続けに2点も入るとは…うまくいきすぎ、ベスト8の壁が見えたと誰もが思ったのかも、初めてのことで心の奥底では、浮き足立ったのかも。もしかしたらベルギー側も負けるかもと思ってた人が沢山出てきてたと思う。でも気づけば逆転された。

たら、ればを考えてしまうほど良い試合をしました。

もし中島選手、浅野選手、久保選手、安堂選手あたりが1人でも選ばれてたら、

W杯を通じて、周りの高いレベルに影響されて、大会中にどんどん成長して大化けしてラッキーボーイになってたような選手がいたら…。

久保選手とかベルギー選手相手とか慣れてたのでは?と思ってしまうのは、後半

同点にされてもう1点取ろうと思った時にきれるカードが本田選手と山口選手だった。ポーランド戦で休ますべきは原口選手と柴崎選手だったのかも?岡崎選手の怪我がなく

万全のコンディションだったらどうなってたんだろう?

それができない選手層だったのが今回の敗因だったのかも?

相手が疲れてきている時間帯こそ、高さ、パワーでは対抗できない日本だからこそ

元気なスピードタイプがドリブラーを投入できてたなら…大柄な選手に競り負けて

ヘディングシュート決められてしまうように、小さい選手が早くちょこまか動かれたら大きな選手は嫌だと感じると思う。ポリバレントの選手を沢山選んだはずだが、

ベルギーに2点追いつかれた時に投入して試合の流れを一旦落ち着かせるまたは

流れを変えれれる一芸必殺の選手がいなかった。ポーランド戦でそうなる選手が見つかるはずという計算だったのかもしれない。でも実績を重視して選んだけど、逆に経験の浅さが出てしまっていたのかも?もしくは乾選手が後半途中から出るとか…そうなると先発を誰に?という問題点も出てくる。経験を頼れないなら若い選手の勢いに期待または今後の成長に期待となるが、そっちの方は今回は期待できなかった?

香川選手と本田選手2人同時出場が久しぶり。久しぶりの戦術をとるときは

あんまり状況は大体良くないということだと思います。

2点差が安全圏になるには、この路線でさらに成熟させていくのがベストか?ハリル+西野監督が加えた調味料で過去最高のパフォーマンスを見せてくれた日本。これを生かすも殺すも今後のサッカー協会の方針しだいか?選手と監督が頑張ったのを白紙に戻さないような決定を期待したい。

半端ない選手が次世代のGK、DF、MF、FWと最低1人ずつ以上は出て来てほしい。

あるいは今回はいなかったブラジルからの帰化選手を1人以上を目指すとか…。

ヨーロッパ勢が強いのは最近多民族国家になってきたからでもある。

アフリカ、南米、アジアチームではなくヨーロッパ勢が強いのは…

やっぱりクラブチーム化が手っ取り早いのかも?

従来のヨーロッパ系の選手+アフリカ勢の身体能力が加わっている感じが

する。一番フェアじゃないポイントか?

オールジャパンより南米やアフリカ系の選手を1人、2人入ってくれたら

ベスト8がすぐに見えてくるかも?

やっぱり色々混ざると強い。

南米系の選手は昔の名残でスペイン、ポルトガル語を話すからスペイン、ポルトガル、ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、コロンビアと色々な国でプレーしやすい。

言葉の面で有利です。

同じお金を支払うなら言葉の面で弊害がなく、テクニックある南米選手となる。

やっぱり言葉が通じると理解しやすいからすぐに仲良くなる。言葉が通じなくてサッカーが飛び抜けてうまいとかでなく並の選手だったらパスも多くもらえない気がする。

日本人も言葉の壁を破り、アジア人はサッカー下手というイメージも打ち破り、日本人なら活躍してくれると思わせるぐらいもっとヨーロッパ主要リーグでプレーする選手を増やす必要があるか?もしくは、Jリーグで活躍=世界レベルというぐらいにレベル高いリーグにするかどっちかか?でも前評判からは想像できないくらい夢を見れれた大会でした。

headlines.yahoo.co.jp

セネガル審判団が担当、FIFAも不要な心配事を…

headlines.yahoo.co.jp

 

多分公平なジャッジをしてくれると思います。

本の時間稼ぎパス回しを講義している国でもあるけど、試合のジャッジはあくまで公平と割り切ってくれると思います。でももし微妙な判定でそれが試合に大きく影響する場面が出てきたら、何かしらの思惑があったのでは?と勘ぐる人たちがでてくるかもしれない。不要なプレッシャーをセネガル人審判団に与えてしまっているからFIFAも酷なことを…。サッカー以外のところで神経を使わなくても良いようにうまいことできないもんだろうか?

ちなみにパス回しは、1戦、2戦と頑張った結果で最後であるから、あの場面だけ

フォーカスを当てるのはどうかと…。

ブラジルと当たりたくないからわざと負けるとか…ルール違反ではないし…。

スポーツマンシップに欠けていると言われたらそれまでだけど、でもベスト16よりベスト8、ベスト4になる確率を1%でも上げたいと思う。ブラジルと反対側の組に行くと実力が横一戦って感じだから皆平等にチャンスはある。ブラジル、フランス、メッシ、ロナウドがいるところだと毎試合しんどい。スアレスカバーニも好調だし。

とにかく勝つためにベストな選択をする。

イエローカードがほかの国より突出して多い国とか…相手選手の選手生命にも関わるからそっちの方をもっと取り上げてもいいのでは?

時間稼ぎプレーに賛否両論の声

「規範」守らぬ西野監督 世界のサッカーを敵に回した(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

記事書いた人が誰かはわからないけど、日本の新聞まで日本を批判する必要があるのだろうか?国内でも日本人が日本チームのために協力するのが出来ない人や企業がいるのは残念。先発メンバーの情報も何故か漏れてるし…。

次で戦うことになっていたベルギー対イングランドも負けたいという気持ちがあったから?微妙な試合展開だった。欧米チームは許されるのが世の常。アジアチームは

叩きやすい。

news.livedoor.com

セネガルが同点ゴール決めてたら、又はもう1点ポーランドに決められてたら、ただの笑い者になっていたという大きなリスクがあった。結果的に西野監督の決断は正しかった。人は馬鹿にできる状況になっていたら笑って許せる。でもちょっとずるいことして他人が勝ってしまうと腹立つ。


グループ予選の最大の目的は、ベスト16に進むこと。それが最大の勝利。
規範違反とか、敵に回したとか、煽るような書き方はどうなのだろう?

日本人だけは日本チームの決断を責めないでもらいたかった。

イエローカード少なくても決勝に行けたというアジアのチームがいたのは凄いことだと思う。ファール数が多いとPK,FKが増えてしまう。そうなると背の低いアジア人は、点を取られてしまう確率が高い。ファール数がワースト1、2のチームは予選落ちしている。ファール数が少ないというのはそれまでは良い試合してたということだと思う。侍精神…侍の精神がどんなもなのかわかってない他国(外野)が侍らしくないとか言うのは、どうなんだろう?負けるとわかったなら潔く負けを受け入れるというのも本来、武士道なのでは?負けるが勝ちという言葉もあるのが日本だし、最近では逃げるは恥だが役に立つという言葉もでてきた。逃げるは恥だが役に立ったのが正に今回。ゴミ拾いするのは当たり前だか褒めないし、自分たちはしないという国もある。今回の日本の行動を攻めている人たちはきっと立派な人たちなんでしょう。あの試合展開見てたらプレッシャーがなくて絶対的なエースストライーカーがいるポーランドの方が点が入る匂いがしてた。一方日本は、完全に決勝トーナメントを見据えすぎた戦略を立ててた。守備面ではまあまあ機能してたけど点が入る気配がほぼなかった。前半ちょっとあったけど試合に出てない選手がアピールをしようと空回りしてしまってた感があった。故障明けで騙しだまししてた結果、もう騙せなくなったのか後半頭で選手交代とか…戦術としてではなく、怪我のための交代とかありゲームプランが崩れたのとかもあった。日本は無理に攻めていくよりもあのまま1対0で負けてコロンビアがあのまま失点せずに試合を終わらせてくれるという望みにかけるほうが可能性が高いと多くの人が思ったのでは?同点にしたところで2位通過。アキラは100%だが、勝負師である西野アキラは常に100%では戦いません。状況次第で何%で戦うかが変わります。目的達成のためにマネージメントをしただけ。最終的な今回の目標が初のベスト8。

日本の今のやり方だと絶対にベスト16でバテて負けてしまう。
可能性を1%でも2%でも高めるには今回の戦略しかなかったと思う。

走れる体力を残さないと強豪国には勝てない。というのがブラジル大会でも

南アフリカ大会でも経験済なのでは?

ベルギー戦で結果出して、外野を黙らせてほしいというのが今の願いです。

今回は強豪国の方が調子悪そうなのでもしかしたら良い組み合わせの方なのかもしれないし、これから調子をあげてくるかもしれない。結局どんな組合せでもここまできたら弱いームはないのと少なくとも日本よりはランクが上のチームばかり。ベルギーに勝ったとしてもブラジルとメキシコの勝者、そういうレベルの試合に挑戦できるかもしれない状況は初めてか?ブラジル大会だどあっさり予選敗退が決まったからそういうことを

考える楽しみはありませんでした。今回のことで世界中が敵に回っても試合が終わるまで、日本人だけは日本チームを応援しましょう。

ロシアW杯 予選突破は3試合目へ持ち越し

セネガルに勝ってたら、W杯で南米勢にアジア勢で初勝利に加えて、開幕から2連勝も日本がアジア初の快挙を2連発だったけど…。結果は惜しくも引き分け。

今回の代表に最初否定的だった割には、勝ったような盛り上がりっぷりなので、

この浮き沈みが若干気になる。

次の結果次第では、もしかしたらただの『善戦』で良い思い出になる可能性もある。

3戦目は1人2人はメンバー変更しないようなら、トーナメントの時にはすでにバテてそう。

でも今回これだけの結果を残している選手と監督は、素晴らしいです。

ただW杯最終予選でまったく評価されていなかった、もしハリル監督のままだったら

今回も選ばれててもスタメンではなかったであろう柴崎選手のような若手(最終予選から試してすでに中堅になってほしい選手?)の伸びしろを計算した選手選考という意味では若干物足りないので、将来つなげるためにもそろそろ中村選手(GK)も試合に出して欲しいという思いが強くなってきました。

過去の話だが、バルセロナ五輪でメダル取れるとは誰にも思われていなかった若手選手が大会中の独特の雰囲気の中、モチベーションが上がるのか周りのレベルの高さに引き上げられるのか「今まで生きてきた中で一番幸せ」と言えるぐらいの成長を見せて金メダルを取った。

レベルの高い選手の中に放り込み、4年に一度しかないという重要な大会に身を置くことで信じられないスピードで成長することがある。弱いチームほどラッキーボーイの

出現が重要になってくる。若手の伸び代がどれぐらいあるか誰にも正確な計算はできない。今回は攻撃的な選手でその伸び代分を計算した若手選手を選んでいない。

またこの2試合でも同じパターン。香川選手、大迫選手、原口選手を本田選手、岡崎選手に交代。このパターンだけだと日本初の8強まで行けるか?そろそろ他の国にもこの

パターンは研究され始める?ギリギリまでハリル監督でいきなり西野監督。日本人でさえどんなサッカーをするかわからなかったのだから、海外の人たちにとっては、さらにわからない状況で予想困難だったと思う。なのでコロンビアとかにしたら情報は

ブラジル大会の弱い日本のまま、ハリル監督の試合、西野監督の試合(直前まで負けまくってた)からさすがに強くなっているとは夢にも思えない。日本人でさえ勝てるとは

思ってなかった。結果的に情報戦を制したみたいになって結果オーライ。

でも先を考えるとやっぱり大会本番中に大化けする可能性がある若手をスーパーサブ的に起用してほしいと願わずにはいられない。

中島選手、久保選手、浅野選手あたりが1人でも残ってたらな…と未だに思ってしまう。でもないものねだりをしても仕方ない。現メンバーで言うと中村GKにラッキーボーイ的な若手選手になるチャンスを3戦目に与えてあげてほしいと思う人は他にもたくさんいるのはず。

GKが神がかり的なセーブをして勢いに乗るチームはやっぱり勝てる可能性が増すと思う。

各国メディアが乾貴士にセネガル戦最高評価。川島永嗣には酷評【ロシアW杯】(フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

誰のための修学旅行?

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

修学旅行を休もうと考えています。 - その他(暮らし・生活・行事) 解決済 | 教えて!goo

 

修学旅行…は、強制?

校長?担当の先生?一部の学校では、旅行会社から何か見返りをもらったりしているのだろうか?数十人(1クラス分の人数ぐらい)が不参加を表明していても、海外への修学旅行を強行という学校が身近にありましたので、検索すると同じような疑問を持っている人が過去も現在もいるようです。

1人、2人が行けませんというと『ただのわがまま』で片付けられるだろうけど、数十人、1クラス分以上の人数が不参加となるとさすがに…強行していいのだろうか?

学生生活最後の思い出を奪う権利が先生だとしてもあるのだろうか?

国内と海外(台湾etc)と半分半分に行き先分けるとか…。

海外旅行となると経済的負担も大きい。(一億総中流と言われた日本だが今はそんなに余裕がないと思う。お寺の檀家になるというのも中々難しい世の中になっていくとおもうから坊主丸儲けは死語になってきていて、もう誰も言わなくなる世の中が見えてきている)

経済的負担とは別の理由で生徒も親もこのご時世海外は怖いという印象もある。

国内にも沢山良い場所はある。海外客増やす前に海外宿泊客がたくさん来るより修学旅行生を受け入れる方が宿泊施設も利益が高いのに、とくに有名観光地やホテルでない場合は喉から手が出るほど修学旅行生も来て欲しいだろうに…。海外観光客増やす取り組み(中途半端だけど)よりも、修学旅行も真剣に考えても良いのでは?

地域で取り組み。国や市の政策。学校と三位一体で???

誰のためにある修学旅行なのか???